仮想通貨取引を盤石のものにするために考え出されたのが、ブロックチェーン・テクノロジーと呼ばれるシステムです。
情報を数十個単位でブロックにまとめ、そのブロックをチェーン状につなげた構造になっています。
これでセキュリティがどのように保たれるかというと、新たな情報ブロックを作るためには、すでに出来上がっているブロックと連携した数値を使う必要があるからです。
チェーン状につながるには、前のブロックと連携が取れているからこそなので、一部を抜き出して情報が改ざんできたとしても、今度は前後とつながりが途切れてしまうため、不正がすぐにわかるという仕組みになっているのです。
この仕組みに目を付けたのが、金融機関です。
仮想通貨取引で行われることは、実際の金融機関での業務と相通ずるところが多くあります。
この盤石ともいえるブロックチェーン・テクノロジーを、実際の金融機関でもシステムとして利用することができるなら、より高度なセキュリティに守られることになります。
そのうえで業務においては効率化が実現し、巨額のコスト削減ができるという試算が出ているのです。
仮想通貨取引が実際に行われ、ブロックチェーンの仕組みがはっきりした今、実際の金融の場に応用される日もそう遠くはないと思われます。http://virturalcoinnews.com/