妊娠線という言葉は男性には知られていない事が多いでしょうが、女性であれば自分の母親や子供のいる女性の友人等から聞いた事がありませんか。
この妊娠線は特に病的なものでは無く、妊婦、あるいは既に妊娠を経験した人であれば、女性であれば誰にでも出来る可能性があるものなのです。
それでは、その仕組みについて説明していきます。
妊娠をした女性は体内の胎児が成長するにつれて、お腹が大きくなっていきますが、それと同時に皮膚も少しずつ引っ張られていきますから、皮膚の表皮自体も伸びる性質を持っているのです。
しかし皮膚細胞は皮膚の下層位置に、真皮と皮下組織という組織があり、これらは表皮とは異なり伸びにくい性質があります。
つまり引っ張られる表皮と、伸びにくい真皮と皮下組織との間に亀裂が入る事になり、妊娠線として表れやすくなるので、これを目立たなくする、あるいは綺麗ママを維持したという場合には、予防クリームを利用するのが効果的です。
さてこの予防クリームを塗るのは、何時から利用すれば良いのでしょうか?最も効果的な塗る時期としては可能な限り、妊娠してから初期が望ましいと言えます。
そして自分で塗るのは億劫であるという場合には、夫に替わりに塗って貰うと良いかも知れません。
また、重要なポイントは塗り方にあります。
少量を塗りこむのではなく、たっぷりと伸びの良いクリームを利用して塗る事が大切で、保湿を欠かさない事が重要な美肌術であり、綺麗ママになる為の必須事項と言えます。