交通事故は、起きてしまってからはどうしようもないかというと、そんなことはありません。
事後の後処理次第で、なるべくベストな方に持っていくことができます。
もちろん、事故は起こさないに越したことはありませんが、起きてしまった場合にはその後の対応でベストを尽くせばいいのです。
まず大事な事は、もし不幸にも怪我をしてしまったら、その怪我をきちんと治す事です。
一般的に交通事故の治療は、強制保険からまず支払われます。
しかし、その限度額を超えてしまった場合には、任意保険から支払われます。
その時に相手の保険会社が親身に対応してくれればよいのですが、場合によっては納得がいかない対応されることもあります。
自分で過去の判例を調べて対応することも、法律に詳しい人ならばできるでしょうが、多くの人にとっては、仕事の忙しさもありまして、そこまですることができません。
だからと言って怪我をしているのに泣き寝入りする必要もありません。
そういう時のために交通事故の相談をするプロの弁護士がいらっしゃるのです。
弁護士の方でしたら、慰謝料も保険会社基準ではなく、弁護士基準で請求できるので、思っていたよりも多くの慰謝料がもらえるケースもあります。
http://baishoukin.com/