現代の企業で力になっているのがインターネットです。
上場企業の事務処理などでは、その大半がなんらかのインターネットシステムを利用して運営されています。
そこにひとつの落とし穴があるのです。
例えば企業の秘密漏洩があります。
企業の秘密漏洩のうち50%近くがインターネット経由なんだそうです。
社員が勤務中に仕事をさぼってインターネットで遊ぶのも企業にとっては大変な問題です。
何故こうなるのでしょうか?それは社員にインターネットを野放しで使用させているからなのです。
企業としては、社内のネット上に何らかの対策が必要でしょう。
i-FILTERという企業のWebセキュリティシステムを使うのが、現在日本国内ではベストソルーションです。
この種のWebセキュリティシステムなんですが、i-FILTERが50%以上を独占しています。
それだけシステムの信頼性が高いという証なのです。
i-FILTERでは、マルウェア被害対策が出来ます。
特筆すべきは、マルウェア被害に対する入り口対策と出口対策です。
入り口対策ではマルウェアがシステムに進入しないようにします。
(阻止)出口対策では、万が一マルウェアが進入した場合にデータを外部に流出させません。
(阻止)これら2種類のマルウェア阻止技術でほぼ完璧なんです。
企業のWebセキュリティはしっかりと守られます。