今は男女とも晩婚の時代となっていますが、ここで問題となるのが不妊の問題です。
若い世代でも不妊に悩む人は多いですが、年齢とともにさらに条件は厳しくなってしまいます。
外見は若々しく、元気という人もやはり体は確実に老化していきますし、特に女性の場合は卵子の老化は気になるところです。
生理があるから大丈夫というわけではなく、生理があっても卵子が老化していたり、質が低下してしまうとやはり妊娠をすることは難しくなってしまいます。
卵子の質を高めるためには食事や生活習慣の改善、サプリメントの利用など様々な努力も行われていますが、努力しても不妊を克服できないという人もまた少なくないものです。
卵子が健康でないと妊娠は難しくなってしまいますが、卵子提供という形で妊娠できる可能性もあります。
これは本人の卵子ではなく、健康な第三者の卵子を提供してもらうというものです。
そして、子供を産むのは卵子を提供した第三者ではなく、自分の体で妊娠させ、出産するという喜びを得ることもできます。
提供者の卵子と夫の精子を体外で受精させ、それを子宮に移植し、出産を目指します。
戸籍についても実子として登録できますので出産後のトラブルの心配もありません。